FC2ブログ

ファミリー登山 【石鎚山】いざ山頂へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ      




皆様こんにちは、
お盆の間、ブログ完全サボリのジョーです。



お休み中に、西日本最高峰【石鎚山】へ登って参りました。
20180816144100011.jpg 

何故突然山に登るのか?



『単なる思い付き!』です。



四国に住んでいながら、登山とは無縁の為、登る機会がなく、おそらく来年他県へと、旅立つ長男に経験させたく急遽計画しました。
※私と嫁は、小中学生位の時に、登頂経験ありですが、遠い昔のお話。
(30年近く前?)



半月前に思い立ち計画を立てていましたが、準備を始めたのが、3日前でバタバタと準備を整えました。




(装備品)

①リュック
※家にある肩掛けが、しっかりしている物を各自。

②登山靴
※普段履きの、ランニングシューズ等で代用。

③帽子
※全面につばのある、ハットが欲しかったので、2種購入 (形から入るタイプ!)

④レインウェア
※100均で購入。

⑤水筒
※各自1L程の水筒に、予備のスポーツドリンク3L程。(全員分)


(服装)

上下半袖半ズボンに、速乾性のインナー上下。
※予備で、ナイロン性の上着1着。




と、このような素人っぽい、軽装備で登山に挑みましたが、案の定厳しい結果に?



まず、ルートですが、石鎚山登山ルートは、複数ありますが、一般的なのが、ロープウェイを使用する成就社ルートと、瓶ヶ森から尾根づたいに登山道を歩く、土小屋ルートがあります。



今回、成就社ルートを選択しましたが、今思えば土小屋ルートにしておけば良かったと少し後悔しております………。




成就社ルート案内図
20180821084938e5f.jpg 




ロープウェイに乗り標高1300mの成就駅より、徒歩5分で、リフト乗り場へ、リフトをおり徒歩10分程で、標高1450mの成就社に到着!
※リフトで150m程、楽々標高を稼いで、体力温存です。
2018081616121047e.jpg 
(成就社)



登山口の神門を通り、登山開始と思ったのですが、何故か下り?



せっかく登ったのに、何故に下るの~?』



ロープウェイ&リフト使用で実在は、ほとんど登っていませんが、けっこう下りました!
※途中で、道を間違えたのか不安になる位下りが続きました。(15分~20分?)



下りながら、思ったのですが、当然帰り道は?



そう、下山時の疲れがピークの時に、最後が登り!
※傾斜は、それほどきつくは無いが、下りと登りでは所要時間と、足への負担が違います。



下り道が終わり、いよいよ登りですが、ここから時間経過よく覚えていません。
行けども、行けども、登り、登り、登りです。
※最初の下りがなつかしい~!



最初の難所に到着!



石鎚山には、4つの鎖場がありますが、成就社ルートから、一番最初に到着するのが、【試しの鎖】
20180817121335f4e.jpg 2018081712133711f.jpg



試しの割に、傾斜がキツイ様な………。



下の息子が、チャレンジし、1/5程登った所で、ギブアップ宣言!
※私も、息子の位置迄 登りましたが、足が滑るのと、足の置き場がなく、腕力握力に負担が掛かり、後半きつくなると判断し、私もギブアップ!



後で調べましたが、4つの鎖の中で、傾斜一番キツイ様です。
(約50m登って、下ります!)
※試しの結果、我々グループは、脱落です。



気を取り直し、山頂目指し登り始めましたが、何やら天候が怪しくなってきました。



先程迄、快晴でしたが、周囲に霧が掛かり景色も見えずらくなり、雨が降りそうな気配です。
※天気予報は、晴れでしたが、山の天気は分からない物ですね!



お次は【一の鎖】に到着ですが、先程の試しで戦意喪失し、迂回路へ!
※一の鎖は、難易度も低く、登れそうでしたが、他の方も並んでいましたので、今回はスルーしました。



一の鎖を越えると、もう1つのルート、土小屋ルートと合流します。
※土小屋ルートからは、【二の鎖】【三の鎖】だけとなります。



合流地点の先に、きれいな休憩所があり、その先に【二の鎖】が待ち構えています。
※十分休憩をとり鎖に挑みましょう。



しかし、先程がら悪かった天候が悪化し、大粒の雨が降りだしました。
※休憩所で数分避難していましたが、止みそうにないので、小降りになった所で、登山再開!



当然、我々グループは迂回路!


(三の鎖)
20180821122202ad0.jpg 
※登っていませんが、参考画像だけ!
二の鎖(65m)   三の鎖(68m)





迂回路ですが、ここからは、二、三の鎖分の130m以上を登りますので、迂回路の登りもキツくなります。



雨は小降りですが、景色も見えず、足元も悪く、ひたすら登ります。
※すれ違う下山者に、あと少しと励まされながら登ります。



やっとたどり着いた山頂、弥生(みぜん)1974m
ですが、



『霧がかかって景色がみえねぇ~!』



弥山の100m程先にある、最頂部の天狗岳(1982m)も、全く見えない状況でしたが、かすかに霧が薄くなったとき、最頂部に人影が!



『すげぇ~、この視界で登ってらっしゃる!』



このあと、山頂部の霧が晴れたのですが、我々グループは当然の様に、天狗岳も断念!
※せっかくここまで来ましたが、チャレンジする勇気がぁ~……!


(参考画像)
201808210844100c1.jpg 
※手前の建物が弥山で、奥の飛び出てる崖の様な場所が、天狗岳!

201808211222009a8.jpg 
※あとからおやじに聞いた話ですが、わたくし小学生の時に、登頂済みらしいです。
次回は、チャレンジ!



山頂の神社を、参拝し、ここにしか売っていないお守りを購入直後、どしゃ降りに!



『神様、ひでぇ~ですぜぇい』


あわてて山頂の山小屋へ避難し、昼食をとることに、昼食は各自コンビニおにぎり 1個だけ!
※荷物削減の為、1個だけにしました。



山小屋の食堂を利用したのですが、何も頼まず席を利用するのは、気がひけるので、おでんを2皿と持ってきた、おにぎりを食べましたが、格別なお味ぃ~。
※ここまでの苦労が、わずかな食事の味を引き上げてくれたのですね!



食事を済まし、雨も小降りになって来たので、写真を数枚撮影し、早くも下山です。
※山頂からの景色が見れなかったのは、残念でしたが、来年も来るぞ思いながら下山。



先程のコンビニおにぎりが、下山時の悲劇に、重要に関わっていますが、後程説明致します。



登りは、約3時間半~4時間位をかけ、休憩を多く取りながら、のんびり登ってきましたが、下りは天候も悪くなりそうでしたので、休憩は少な目で下山の足を早めます。



二、三の鎖場の迂回路では、足場が悪く何度か転倒しそうになりなが、下っていきます。
※ヒザに負担が掛かり痛くなってくるのと、弱冠靴に余裕が有った為、靴の中で足の指が動き親指が痛い~!



休憩最小限で、下山していましたが、雨脚も強くなりだし、昼間なのに薄暗い林の中を下っていましたが、とうとうどしゃ降りに!
※鎖場降りたあたりでは、周囲に数人いたのですが、気付けば前後に人はおらず、我々グループだけに!
(他の方々は、土小屋ルート?)



どしゃ降りの直後、ようやく下りから登りへ替りましたが、雨は更に激しくなり、カミナリも鳴り出しました。



雨は、やむ気配が無く、雨をしのげる場所も無く、選択肢は登るのみ!



最初に15分~20分掛けて下って来た道を、ノンストップで登り切ります。
※登り道の中央部は、川の様に雨が流れておりますが、カミナリが危険なので、必死で登ります。



疲労度MAXですが、足の痛みや疲れを忘れ、下りと同じ位の速度で登り切った感じですね!
※登山口の神門が見えた時は、嬉しかった~!



成就社到着後も雨は止まず、近くに何度かカミナリが落ちる音が~!



近くの売店で、何か温かい物でも食べながら雨が止むのを待つか?


とりあえずロープウェイ迄、強行で下山するか?



10分程悩みましたが、カミナリと雨が少し収まった所で、下山を強行!



10分程で無事ロープウェイ迄たどり着きましたが、何やら沢山の人だかりが?



なんと落雷で、ロープウェイ運休中!



『まじっスか~?』



ずぶ濡れのままロープウェイ乗り場で、1時間程待たされ、無事帰路へ



思い付きで急遽計画した登山でしたが、これはこれで良い思い出になりそうです。



今回最大の悲劇のポイント、昼食のおにぎり君ですが、実は朝ロープウェイの改札直前に、車の中におにぎりを忘れている事が判明!
※犯人は私だ!


急いで車へダッシュし、坂を登っている途中で、


『プルルル~~』


ロープウェイ発車の音が~!


はい、次の便迄まちましょう。


この、おにぎり事件のタイムロスは、おそらく25分~30分程でしたので、予定どうりに、始発便に乗れていたら、ギリギリ雨に打たれず下山出来ていた可能性が?
※途中で、数回は良い景色も見れていたかも……。


😭ファミリーよ、申し訳ない🙏



今回準備不足と、鎖場、天狗岳と、心残りが多数ありましたので、来年もチャレンジするつもりです。



次回の改善点

・靴は足にぴったり合った滑りにくい物!
※鎖場挑戦は、滑り易いので必要です。

・リュックは急な雨でも、すぐにカバーが掛けれる物が良い!
※我が家のリュックは、雨で全滅でした。

・忘れ物が無いかチェック!
※申し訳ない😭



来年こそは~天狗岳へ?



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ        


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
https://joota.blog.fc2.com/tb.php/196-e585c90c

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
オススメ No1 ちょびリッチ
ここから簡単登録!
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
業界 No1 モッピー
ここから簡単登録!
お金がたまるポイントサイトモッピー
還元率 No1 ハピタス
登録はこちらから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

joota

Author:joota
ジョー (42歳)

【ポイントサイトを遊びながら、攻略解析していきます。】

趣味
(釣り、漫画、フットサル、解析、工作)

FC2ブログ

FC2Blog Ranking

ブログ村
応援クリックお願いします。
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ